終活に関しては・・・札幌市西区の行政書士安藤あつゆき事務所がお手伝い致します。

セミナーのご案内

 

各セミナーのご案内

 

 

 以下セミナーは、

 

 「契約、クーリング・オフ」に関するセミナー
    
 「実質ワンコインセミナー(終活)」

 

 の順番でのご紹介となっております。

 

 

 

 「もう騙されない!契約やクーリング・オフをやさしく解説。(もし「やばい!」と思っても安心の3文字をお伝えします)」

 

 2018年6月13日、成年年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とする民法の一部を改正する法律が成立しました。

 

 この改正により、2022年4月1日からは18歳で成年となります。

 

 しかし、これまでも20歳を迎えたばかりの方が消費生活においてトラブルに巻き込まれているケースが多かったのですが、成年年齢が引き下げられれば更にその対象は広がってしまう可能性があります。

 

 そこで当事務所では、「こうしたトラブルに巻き込まれるのを一人でも少なくできれば」との想いから、『そもそも契約に関すること、またクーリング・オフに関すること』を中心としたセミナーを開催致します。

 

また『成年』のためのお話しであるため、18歳〜20歳に限らず「すでに何十年も成年やってますが...」という社会人や高齢者の方にも、もちろんお勧めです!

 

(定員は4名です。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。)

 

場所 当事務所(所在地は→アクセスからご確認をお願い致します

 

日時 いつでも (およそ3時間くらいの内容となっております)

 

※お客様と当事務所の日時が合えば、いつでも可能です。
※途中休憩あります。
※ご希望に応じ、複数回に分けることも可能です。(例:1.5h×2回、1h×3回)

 

参加費 2,000円(税込)

 

 

【特典】

 

・セミナーに参加された方には金券(1,000円)をプレゼント!
(従って、『実質1,000円セミナー』となります。)

 

 

【どんな内容?】

 

・総事例12! 豊富な事例を用い、通常の買い物やクーリング・オフに関する契約をやさしく解説いたします!

 

・最初の3事例は民法の考え方も合わせてお話しするので、応用も効くようになります!

 

・クーリング・オフできる場合、できない場合の事例は残りの9事例でじっくり解説!

 

・クーリング・オフは8日間!? いえいえ、8日過ぎても大丈夫な場合があるんです!

 

・「契約してから半年以上過ぎちゃった...」それでも大丈夫な場合があります!あきらめずに済む方法。

 

・最後にこれだけ覚えておけば安心の3文字!

 

・少人数だから質問しやすい!できるだけ出席者皆さまがご満足のいくセミナーを心掛けます!

 

★ブログでセミナーの体験版をアップ致しました!→こちらからどうぞ♪

 

 

定員 4名

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 

 以下からは、 「実質ワンコインセミナー(終活)」 のご紹介です。

 

場所 当事務所(所在地は→アクセスからご確認をお願い致します

 

日時 いつでも (およそ90分〜120分くらいの内容となっております)
※お客様と当事務所の日時が合えば、いつでも可能です。

 

参加費 1,000円(税込)

 

【特典】

 

・セミナーに参加された方には金券(500円)をプレゼント!
(従って、『実質ワンコインセミナー』となります。)

 

★セミナーに参加すればするほど500円金券がたまっていきます。→「ためておいて一気に使っちゃう!」もOKですよ〜。

 

 

 「知っておいて良かった!相続トラブル事例集」

 

本セミナーの内容は以下となっております。

 

【事例1】

 

登場人物 母、長男(一人っ子)

 

・父は数年前に他界
・母と長男は離れて暮らしている
・長男は資力が十分ある(母の相続財産をそれほどあてにしなくても良い)
   
母が認知症を発症し、預貯金が凍結した

 

★(母が認知症になる前に)どんな対策が望ましいか

 

キーワード・・・エンディングノート、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)、生命保険

 

 

【事例2】

 

登場人物 母、長男、次男、三男

 

・父は数年前に他界
・長男は母の近くに居住し、買い物や食事の面倒をみている
・次男と三男は離れて暮らし、年に2、3回帰省する程度

 

★どんな対策が望ましいか

 

キーワード・・・お話し合い遺言、生前贈与

 

 

【事例3】

 

登場人物 父、母、長女、先妻の子

 

★どんな対策が望ましいか
   
父の想いによって(また専門家の考え方にもよって)、複数パターンが存在する。

 

パターン1
長女と先妻の子に同金額の遺産を配分する遺言書の作成

 

パターン2
先妻の子により多くの遺産を配分する遺言書の作成

 

 

【事例4】

 

登場人物 母、長男、長女、次女

 

・父は数年前に他界
・子供は3人とも母と離れて暮らしている
・母の身体には問題ないが、最近物忘れが起きている
・長男は母のそばに引っ越すことを考えている
   
母の物忘れがひどくなり、病院で診てもらったところ認知症と診断された

 

★(母が認知症になる前に)どんな対策が望ましいか

 

キーワード・・・成年後見制度、家族信託

 

 

定員 4名

 

※出張セミナーのご依頼も受付しております!

 

(出張セミナーの場合、4名以上でも可。ただし、場所の確保はご依頼主様の方でお願い致します。)

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 「親子のコミュニケーションは、なぜ必要か?」

 

本セミナーの内容は以下となっております。

 

【事例1】

 

登場人物 母、長男、長女

 

・10年以上前に父が亡くなり、母が全遺産を相続した
・母は父の預貯金の口座等を把握していた
・長男と長女は母と離れて暮らしている
・母はインターネットバンキングを利用している
 
母が急逝

 

★何も対策をしていないとどうなるか

 

キーワード・・・すべての金融機関への名寄せ依頼、メールアドレスからネットバンク調査、多大な時間、個人情報流出

 

 

【事例2】

 

登場人物 母、長女、次女

 

・父は数年前に他界
・母はそのまま田舎で一人暮らし
・長女と次女は離れた場所で暮らしている
   
母が畑仕事中に倒れ、救急搬送。意識はなく、人工呼吸器によって生きている状態。

 

★何も対策をしていないとどうなるか

 

キーワード・・・姉妹の対立、ひいてはその子供(いとこ)同士の対立、望まない救急搬送

 

 

【事例3】

 

登場人物 母、長男、次男、三男

 

・父は数年前に他界
・長男は近所に住んで母の介護をしており、また買い物にも付き添っていた
・次男、三男は離れて暮らし、年に2、3回の帰省
 
母が亡くなった

 

★何も対策をしていないとどうなるか

 

キーワード・・・遺産分割協議、揉める、介護、使い込み、法定相続分

 

 

【事例4】

 

登場人物 母、長男、長女、次女

 

・父は数年前に他界
・子供は3人とも母と離れて暮らしている
・母の身体には問題ないが、最近物忘れが起きている
・長男は母のそばに引っ越すことを考えている
   
母の物忘れがひどくなり、病院で診てもらったところ認知症と診断された

 

★何も対策をしていないとどうなるか

 

キーワード・・・預貯金、自宅、凍結、成年後見制度、毎月のランニングコスト

 

 

定員 4名

 

※出張セミナーのご依頼も受付しております!

 

(出張セミナーの場合、4名以上でも可。ただし、場所の確保はご依頼主様の方でお願い致します。)

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 「お一人様、お二人様が知っておきたい老後や相続のこと」

 

本セミナーの内容は以下となっております。

 

【事例1】

 

登場人物 A(お一人様)

 

・身内は弟のみ(ただし、30年以上疎遠)
・将来は老人ホームで暮らすことを考えている
・将来において治る見込みのない病気になった場合、延命治療拒否を希望
・一方で、緩和ケアは十分にして欲しい
   
イザというときに任意後見契約をしていれば、任意後見人に医療同意をしてもらえるか?

 

キーワード・・・医療同意、法定後見人、任意後見人、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)、尊厳死宣言公正証書

 

 

【事例2】

 

登場人物 B(お一人様)

 

・夫は数年前に死亡
・自分が亡くなった時は、実家の先祖代々の墓に入りたい
   
夫が埋葬されている墓ではなく実家の墓に入ることは可能か?また、改宗していても可能か?

 

キーワード・・・遺骨処分権者、祭祀主宰者、負担付遺贈、死後事務委任契約

 

 

【事例3】

 

登場人物 夫、妻

 

・夫婦には子供がいない(お二人様)
・夫婦にはそれぞれ兄弟姉妹がいる
・夫には甥Dがいる
   
夫の想いによって解決策が異なる!

 

(1)妻に全財産を渡したい
キーワード・・・一言(ひとこと)遺言

 

(2)妻へ財産を渡した後、妻死亡後は甥Dへ財産を渡したい
キーワード・・・家族信託

 

 

【事例4】

 

登場人物 G(父)、子(障害がある)、Gの父親

 

・母は数年前にガンで死亡(→Gと子供のお二人様)
・Gは自分の父親と協力しながら、障害のある子供を育ててきた
・Gは生命保険をかけており、万が一自分が死亡したら子供に保険金が渡るようにしている
・しかし、障害のある子供に多額の保険金を残すのは不安だ
・Gは自分が死亡し、さらに子供が死亡した場合には自分の父親へ財産を、父親もすでに死亡していたら子供がお世話になった施設へ財産を渡したいと思っている
 
Gの希望は叶うか?

 

キーワード・・・生命保険信託

 

 

定員 4名

 

※出張セミナーのご依頼も受付しております!

 

(出張セミナーの場合、4名以上でも可。ただし、場所の確保はご依頼主様の方でお願い致します。)

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 「そもそもなぜ終活は必要なのか―様々な選択肢を考える―」

 

本セミナーの内容は以下となっております。

 

【(序) 終活の必要性】

 

・認知症問題
キーワード・・・2025年、新オレンジプラン

 

・意思能力がない
キーワード・・・代弁者、意見の相違

 

・対策
キーワード・・・様々な選択肢

 

 

【(1) エンディングノート】

 

・メリット、デメリット
キーワード・・・自由な形式、法的効力なし

 

・アドバンス・ケア・プランニング(ACP)
キーワード・・・話し合い、家族、かかりつけ医、治療方針、医療代理人、看取りの場所

 

・尊厳死宣言公正証書
キーワード・・・不治かつ末期、医師、90〜95%以上

 

 

【(2) 遺言書】

 

・メリット、デメリット
キーワード・・・法的効力がある、生前対策(認知症対策など)ができない

 

・様々な場面で力発揮
キーワード・・・「夫婦の間に子供がいない」、「再婚して先妻の子と後妻の子がいる場合」、「相続人が全くいない」

 

 

【(3) 家族信託】

 

・メリット、デメリット
キーワード・・・生前対策(認知症対策など)ができる、家族が関わることになる

 

・成年後見制度との比較
キーワード・・・専門家、毎月の報酬、720万円、70万円〜150万円

 

 

【(終) 穏やかな老後を目指して】

 

・人生は対策の連続
キーワード・・・子育て、進学、医療保険、生命保険

 

・何も対策なしで引き起こされる相続
キーワード・・・遺産分割協議、揉める、子供同士の不仲

 

・当事務所の方針
キーワード・・・お話し合い、100人いれば100通り、数か所の専門家

 

 

定員 4名

 

※出張セミナーのご依頼も受付しております!

 

(出張セミナーの場合、4名以上でも可。ただし、場所の確保はご依頼主様の方でお願い致します。)

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 「穏やかな老後を過ごすために―遺言書編―」

 

本セミナーの内容は以下となっております。

 

・遺言の目的
キーワード・・・憂いごとの解決、ストレスのない生活

 

・遺言書は誰が書ける?
キーワード・・・民法961条、民法963条

 

・遺言書の特徴
キーワード・・・法的効力

 

・夫婦の間に子供がいない
キーワード・・・一言(ひとこと)遺言

 

・再婚して先妻と後妻の子がいる
キーワード・・・夫が亡くなった時の相続、(夫死亡後)妻が亡くなった時の相続

 

・いきなり出てきた相続人
キーワード・・・被相続人(子供なし)、甥、姪、未婚、認知、父モテモテ

 

・公正証書遺言
キーワード・・・公証人、法律のプロ、無効の可能性ほとんどなし、費用

 

・公正証書遺言の費用
キーワード・・・専門家への報酬、公正証書遺言にするための費用

 

・自筆証書遺言
キーワード・・・手軽、費用かからない、検認、方式緩和(2019年1月13日施行)

 

・秘密証書遺言
キーワード・・・遺言の存在証明、内容の秘密、検認

 

・遺言執行者の役割
キーワード・・・預貯金の解約、遺言執行者のみで可、権限の明確化(2019年7月1日施行)

 

 

定員 4名

 

※出張セミナーのご依頼も受付しております!

 

(出張セミナーの場合、4名以上でも可。ただし、場所の確保はご依頼主様の方でお願い致します。)

 

申し込み方法 お電話又は→こちらのお問い合わせよりお申し込みください。

 

 

 

 


ホーム お問い合わせ 当事務所のブログー100人いれば100通り!−